歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

『血路通り』

「血路通り」は、大きく分けると2つの要素から構成されている。一つ目は、ベースとなるランダムエンカウンターシステムであり、2つ目は、表層となるエリアである。より詳しく書くと以下のようになるだろう(※は改造版である):

     
  • ベース    
            
    • ランダムエンカウンター(BESIEシステム※)
              +経験値(PW Experienceシステム※)
              +死体(Lootable Corpseシステム)
    •       
    • 装備剥がしスクリプト
    •       
    • お店※+治療師
    •       
    • その他(PCリスト表示など)
    •    
     
  •  
  • 表層    
            
    • エリア(通常エリア、ボスエリア)
    •       
    • その他(クエストなど)
    •    
     

現在考えているのは、上記2要素のうち1つ目のベースとなる要素を、利用しやすい形にまとめて公開することである。これを利用することにより、常設型MODを手軽に作ることができる。極端な話、エリアしか作れない人でも常設型サーバーを立てることができるようになる。

現状では設定箇所が散らばっており、改造したスクリプトではスクリプトの途中で設定を行っているものもあるため、これらをわかりやすい形にすることが必要だろう。また、硬直的なものにしないため、システムにどれくらい柔軟性を持たせるべきかについて、プレイヤーからの意見を収集することも必要だろう。

とりあえずモジュールをダウンロードできるようにし、意見収集のための掲示板を設置した。今後これらについて改良を行っていきたい。