歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

今日は人が多かった

今日は人が多く来ていたので、すごく久しぶりにPLセッションをした。MODはwindwardさんの「Into The Darkness」、レベル1PC4-6人向けの所要時間1時間ほどのものである。さくっと楽しめて俺としては満足だったのだが、けっこうPLセッションやっている人にとっては少し物足りなかったようだ。また機会があればPLセッションをやりたいが、あまり突発的にやるものでもないかもしれない。

なお、マニュアルモジュールジャンプではサーバーを立ち上げた時点でモジュールリストを作ってしまい、それ以降は更新しないことが判明・・・これが今日の教訓(涙)。いくつかめぼしいモジュールをあらかじめダウンロードしておかなければ。

また、上記セッションの準備として、レベルを揃えるために「訓練場」を使用したのだが、このMODでは、レベル2~20に調整することはできるのにレベル1にすることができない!また、入室時に装備解除+ゴールド剥奪も必要だろう。もう少し仕様を検討した上でMODを改造してしまうのが良さそうだが、そこまでシームレスなモジュールジャンプを目指さなくても良いような気もする。

「血路通り」は、この数日間で大幅に仕様を変更し、ストーリーとNPCを付与した。エンカウンターイベントを22種類作ったのだが、CR3-4の敵が一番バリエーションに富んでいるようで、他のMODを作るときもこの辺を対象レベルにすると良いかもしれない。NPCの台詞に関してはonagaさんがアドバイスをしてくれて、感謝!しかし今日はCommoner Spawnerの導入に失敗し、結局いったんすべて切って再挑戦することに。ボスに関して何か「ご褒美」があると良いとのjujuさんのアドバイス、PCワンドを使えるようにして欲しいとのm.nさんの要望、大変助かります。ありがとうございます。良きにしろ悪しきにしろ、いろいろと反応が返ってくるのは、いや本当に幸せなことですわ。

Lexiconの翻訳を少しずつ再開している・・・そろそろ訳した分を送らなければ。