歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

『ダンジョンズ&ドリーマーズ』

けっこう面白かったです、この本。

キーワードは「コミュニティ」。ウルティマの作者であるリチャード・ギャリオットの子供時代のTRPGパーティーの話から始まり、「DOOM」「Quake」「ウルティマ・オンライン」「エバークエスト」「シムズ・オンライン」などの開発経緯や、それらのゲームのコミュニティの誕生・発展の経緯が語られます。

また、本の終盤では文章の調子が変わります。米国でのQuakeプレイヤーによる高校銃撃事件やネットゲームの持つ社会性、そして最近のネットゲームの範疇の拡大について、フェアな立場で著者は述べています。

個人的には、この終盤が興味深かったのですが・・・皆さんはいかがでしょう?

The Untitled - weed's blog -: 反応

4Gamerの『ダンジョンズ&ドリーマーズ』についての記事

以下、アマゾンの広告:

ダンジョンズ&ドリーマーズ
ブラッド・キング ジョン・ボーランド

4797324880

関連商品
ネットワークゲームデザイナーズメソッド
ゲームデザイン誇大妄想狂
ゲームシナリオ作法
ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争
図解 そこが知りたい! ゲーム業界危機一髪!!―新しいコンテンツビジネスとして再生するためのサバイバルガイド
by G-Tools