歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

去年のセガの事業報告書より

これは2003年3月に出された事業報告書からの抜粋ですが、なかなか恐ろしいことが・・・

当期のソフト販売本数につきましては、販売本数の期初計画である2,000 万本を大幅に下回る1,066 万本となり、収益面につきましても大きく損失を計上することとなりました。

これは日米におけるコスト構造が売上高の減少に対してフレキシブルに対応できない固定的な構造であったことが大きな原因であり、日米におけるコスト構造の改善に向け、当期中にフラットでスリムな組織体制に変更し、売上に直結した経費構造へと変換しており、徐々にではありますが、その効果も出始めております。

また従来の固定的な費用の削減と厳格な変動費の管理を行うとともに営業とマーケティングに集中し「販売力の強化」を図ってまいります。

当期はおよそ半分のタイトルが赤字タイトルでありましたが、来期以降については市場性のより高いソフトの供給をすすめることで、収益性の向上に向け取り組んでまいります。

具体的には販売タイトル数を29 タイトル絞り込み、77 タイトルとすることで、赤字ソフトを減らし、資源の集中を図ってまいります。

NWNも立派な「赤字ソフト」の一つなのかな・・・ひょっとして、セガのPC事業部に圧力をかけているのは銀行か?などと、愚にもつかないことを考えながら、私はセガを応援してます。

セガ第45期事業報告書