歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

Call of Duty

050316-CallOfDuty

CALL OF DUTY 日本語版

たしかアメリカではGame of the Year 2004を受賞した、第2次対戦を舞台にしたFPSゲームである。これを今日クリアした・・・え、時間あるじゃねえかって?うーん、じゃあ、ないのは気力なのかなあ?

それはともかく、このゲームは面白かった。だいたい、俺がクリアするゲームという時点でめずらしい。NWN本編、SoU、HotUすべて途中で投げ出している。もったいないとしか言いようがない。ちなみにKashmir氏にとっては、このゲームはイマイチだったようである。

このゲームのいちばん良いところは、臨場感ではないかと思う・・・正直、かなり驚かされた。最初のミッションでは空挺部隊を誘導するのだが、うまくいくと空に何十機という航空機が飛来し、無数のパラシュートが開いて自分の周囲に降下してきて、着地すると敵軍と一斉に交戦し始める。つまり、

まさに戦場に立っている!

かのような感覚を味わうことができるである。Battlefield 1942もやったが、臨場感のレベルは、CoDの方がはるかに高い。リアリティ重視の方には、かなりオススメである。

以下はアマゾンの広告:

CALL OF DUTY
B0001IPY1G


Amazonで詳しく見る
by G-Tools