歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

任天堂の株価が上がり続けている

当然だ。

年末商戦にはサードパーティWi-Fiを活用したゲームを出し、任天堂自身のキラーソフト『Wii Fit』の発売もある。来年3月には小規模ゲームメーカーのためのWiiウェアの発売が開始される。また、NTTと共同でネット接続のためのコールセンターを設置するという。

まさに、堅実に地歩を固める、隙のない布陣だ。

先日6万円台後半に入った株価は、ついに7万円台に突入。私のバーチャル株トレードも始めて半月で2%を超える利益を出した。

ちなみに任天堂キヤノンを抜いて日本2位の企業になったそうだ。

おそらく株価は今後も上がり続ける。

年末商戦でWii本体と『Wii Fit』が好調に売れる。その後、Wiiウェアの発売が始まり、評判になる。そして『バイオハザード』や『ファイナルファンタジー』といったビッグタイトルがWiiに移るというニュースが流れる。

そのたびに株価は上がるだろう。来年1月くらいまでは確実に上がり続けるだろう。

しかし任天堂一本槍というのも面白くない。もう少し他の会社にも投資してみるか・・・ちなみに野村バーチャル株トレードではコミュニティが作れます。もし参加された方がいましたら、ご一報下さいな。

-----------------

sent from W-ZERO3