歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

実はエンターテイメントだった 『チーム・バチスタの栄光』読後感


実はエンターテイメントだった。

病院を舞台にした異色のミステリ小説。という評判は、読む前から耳にしていた。しかし、エンターテイメントとは聞いていなかった。まあでも、本来ミステリというものはエンターテイメントでなければならないのだろう・・・なんてを改めて考えさせられるくらい、エンターテイメントな小説だった。

どんな人に、この小説を勧めるか?

私は、小説の相性(要は楽しいか否か)は、主人公のキャラクター設定によるところが大きいと思っている。たとえば私自身は、こういうキャラクターの主人公が好きだ。すなわち、出世や大金に興味はなく、マイペースで、他人からは変わり者あつかいされているが、実は爪を隠している。

こう書くと自分でも可笑しくなるが、まあ、そういうものだと思う。ピンと来ない人は、読まなくてよいと思う。だがピンと来る人は、読んでみると良いかもしれない。少なくとも私は今、一気に読み終えた爽やかな読後感に浸っている。