読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

「天下統一、相剋の果てに」を北条家でやってみる

買ったばかりの「天下統一、相剋の果てに」をプレイしてみました。

 

 

新規ゲームを始めてみる

 

シナリオは1546年「乱世の覇者」

 

大名家選択は北条家を選択

 

初心者にも関わらず「上級」を選択。

 

これがゲーム画面。左側の地図の色のついた小さい四角が城を表す。

 

東周辺だけでも様々な勢力がひしめいていている。

 

諸大名のとの関係を見ると当面は上杉家との争いがメインになりそう。

 

当面は河越城(青)を守りつつ、滝山城を落とす方向で進めることにする

 

何度も破壊工作を仕掛けた結果、滝山城の城レベルは3に。これなら落とせるか?

 

 

ちなみに滝山城の場所はここ。後に八王子城に本拠を移したらしい。

 

 

滝山城鳥瞰図。 行ってみたくなる。

 

いよいよ滝山城攻め

 

 

城攻めの画面。いまいち意味が分からないのだが、4択らしい。ここは強襲してみるが・・・失敗。どういう条件なんだろう。

 

楽市楽座」を世田谷城で実行

 

これが世田谷城縄張り図(推定)。上が居住空間で、下の部分が詰の城だったというã

 

「内応」で無事滝山城を落城。お金はかかるけど効きますね。