歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

島主日誌その6

プレジデンテ:Pepe

Gomez

難易度:政治・経済ともに「難しい」

主人公は、農夫あがりの民主的な方法で

プレジデンテになった男である。

今回は、あらかじめ方針を決めてからスタートした。

選挙

なるべくする

(民主主義の期待度:高い)

派閥対策

支持派閥:共産主義者、環境保護論者

共産主義者の敬意:+20%)

(環境保護論者の敬意:+10%)

対抗派閥:宗教的派閥、知識人

宗教的派閥の敬意:-10%)

(知識人の敬意:-20%)

中間派閥:軍国主義者、資本主義者

(敬意修正なし)

外交

ソ連

(アメリカとの外交関係:-20%)

ソ連との外交関係:+5%)

外務省庁→ソ連との開発協定+軍事同盟、でいくことにする。

経済対策

収入源:葉巻、コーヒーの缶詰、ラム酒、家具

(工業の生産性 -10%)

(農業の生産性 +50%)

その他の特性

総体的な敬意:+10%

自由度:+20%

汚染:-50%

守備兵の給料最低$20

ギャンブルに使う年間の費用$300~$1500

style='border-collapse:collapse;table-layout:fixed;width:1321pt'>

  出来事など 分析 生産施設 福祉施設 その他施設 布告 軍国主義

style='display:none'>者

人数 宗教的

style='display:none'>閥

人数 共産主義

style='display:none'>者

人数 資本主義

style='display:none'>者

人数 知識人 人数 環境保護

style='display:none'>論者

人数
1950年             9 16 6 15 8 15 6 9 6 8 7 12
1951年         外務省庁   8 21 5 21 8 21 5 10 6 10 8 14
1952年     伐採所       8 23 5 24 8 28 5 11 5 10 8 15
1953年 ソ連開発協定を結ぶ。住宅のコストが半分に。   伐採所     ソ連との開発協定 7 24 5 28 7 32 4 13 5 14 8 22
1954年             7 29 4 35 8 36 4 13 5 17 7 27
1955年 宗教的派閥リーダーのホラシオがガンで死亡、ラスが後を継ぐ。指導力は「良い」。     診療所     7 33 4 34 7 36 4 15 5 17 8 27
1956年       マンション

パブ

    7 33 4 38 8 40 4 19 5 17 7 32
1957年 4月、選挙告示。対抗馬は宗教的派閥リーダーのラス。結果予測は33対23で優勢。

4月、アメリカの軍艦がやってきたため、ソ連と軍事同盟を結ぶ。

アパート+ソ連との軍事同盟で、共産主義者の友好度上昇   アパート   ソ連との軍事同盟 7 34 4 39 9 40 5 20 5 19 7 34
1958年 34対22で、選挙勝利     アパート

マンション

    7 33 4 41 8 39 5 21 6 19 8 32
1959年   アパート+マンションで、共産主義者の友好度上昇         7 35 4 46 9 40 4 21 6 19 8 34
1960年         建築事務所   7 34 3 46 9 39 4 20 6 18 8 32
1961年   「軍隊の規模が小さい」と、軍国主義者からクレーム、友好度減少

教会で、宗教的派閥の友好度上昇

  教会

レストラン

    6 34 4 52 10 41 4 22 6 20 8 34
1962年       マンション     6 33 4 53 10 41 4 21 6 18 8 33
1963年   軍隊増員で、軍国主義者の友好度上昇

「高校がない」と、知識人からクレーム、友好度減少

農場       7 35 4 57 10 44 4 25 5 18 8 33
1964年 4月、選挙告示。対抗馬は前回と同じラス。結果予測は、32対28で優勢。

選挙のため、昇給

  農場×2       6 36 4 57 10 44 4 25 5 18 8 33
1965年 32対30で、選挙勝利 高校で、知識人の友好度上昇   高校     7 42 4 57 10 46 4 28 6 19 8 33
1966年       マンション 運送会社   7 45 4 56 10 46 4 28 6 15 8 32
1967年   住宅不足で、共産主義者の友好度減少         6 47 4 60 9 50 4 31 6 15 8 35
1968年   アパートで、共産主義者の友好度上昇   アパート     6 47 4 60 10 50 4 31 6 16 8 36
1969年       パブ

キャバレー

    6 46 4 61 10 52 4 32 5 17 8 39
1970年 12月、選挙告示。対抗馬は前回と同じラス。結果予測は、51対39で優勢。     診療所     6 48 4 61 10 55 4 31 6 16 8 40
1971年 選挙勝利   葉巻工場 アパート     7 54 4 63 10 58 4 31 6 16 8 43
1972年   葉巻工場、製材所で資本主義者の友好度上昇 製材所     ソ連賞賛※要求 7 51 4 65 10 61 5 30 6 18 8 47
1973年     家具工場       6 49 4 63 9 59 4 29 6 18 7 47
1974年     伐採所   ドック

運送会社

  6 54 4 73 10 64 4 32 6 20 7 49
1975年         銀行

入国管理局

  6 58 4 80 9 70 4 34 6 24 7 51
1976年     農場 マンション     6 63 5 88 8 72 4 41 6 33 7 52
1977年 7月、選挙告示。対抗馬は前回と同じラス。結果予測は、83対52で優勢。

11月、$20給料制限

移民局で人が増えすぎた・・「技術者歓迎」に変更         6 73 5 97 8 83 4 48 5 36 7 55
1978年 2月、制限解除

89対61で、選挙勝利

工業収入が入った途端、資本主義者の友好度が急上昇。収益効率に反応するのだろうか?   マンション     6 85 5 113 8 97 9 55 5 45 7 65
1979年     伐採所       6 90 5 111 8 97 9 60 5 49 7 67
1980年   兵器庫で軍国主義者の友好度上昇 農場   兵器庫   7 101 5 121 8 111 9 63 5 53 7 70
1981年     農場     ソ連賞賛※要求

識字率向上計画

6 108 4 132 7 115 7 70 5 61 7 78
1982年             6 115 4 138 8 117 7 74 5 64 7 77
1983年 12月、選挙告示。対抗馬は、資本主義者リーダーのジュアン。指導力は「良い」。結果予測は、110対78で優勢。なお、前回まで出馬していたラスは69歳となり、依然として宗教的派閥リーダーだが退職していた。彼が死んだ後の後任が気になるところだ。     アパート     6 121 4 144 7 129 6 80 5 72 7 81
1984年 11月、選挙直前に94対95で劣勢になる。あわてて浮動層である軍国主義者のリーダーに賄賂を送るとともに、社会福祉制度の布告を出す。

12月、95対94で辛くも選挙勝利資本主義者の票が対抗馬に流れたのが、苦戦の原因であろう。ラスが死んでくれれば、資本主義者の票を取り戻せるのだが・・

        社会福祉制度 6 126 4 151 7 131 7 83 4 74 7 86
1985年   汚染で環境保護論者の友好度減少   アパート

レストラン

    6 130 4 153 8 132 8 84 4 74 6 85
1986年   儲かると資本主義者は喜ぶ・・現金な奴らだ     警察署   6 135 4 157 8 130 9 87 4 76 6 88
1987年             6 132 4 145 7 126 9 87 5 71 6 83
1988年             6 135 4 143 8 128 8 88 5 64 6 80
1989年 選挙を求める声が出始める。宗教的派閥リーダーのラスは既に死亡し、ノリスが後を継いでいた。ノリスの指導力は「平均」・・これはいい。

いつのまにか、食糧不足におちいる。あわてて農場・漁場を建設開始。

    アパート

マンション

    6 132 4 146 8 131 7 93 5 68 6 80
1990年 4月、選挙告示。対抗馬は宗教的派閥に属するレオで、指導力は「貧しい」。結果予測は124対75で優勢。宗教的派閥リーダーのノリスは環境保護論者、軍国主義者、資本主義者のメンバーでもあり、そちらに遠慮して出馬を見合わせた模様。何にせよ、良い状況だ。           6 127 4 142 8 126 7 92 5 70 6 78
1991年 4月、112対89で選挙勝利   農場×2 マンション×2     6 128 4 137 8 127 6 92 5 67 6 74
1992年     漁港       6 131 4 133 8 127 7 92 5 69 6 74
1993年       マンション     6 129 4 131 8 123 6 90 5 68 6 72
1994年   大学で知識人の友好度上昇     大学   6 132 4 132 8 126 6 91 6 68 6 77
1995年 7月、選挙を求める声が出始める。       発電所   6 126 4 129 8 125 6 92 6 70 6 79
1996年 7月、選挙告示。対抗馬は軍国主義者リーダーのアルバートで、指導力は「平均」。結果予測は103対131で劣勢軍国主義者の票が流れたのが痛い。仕方ないので、とりあえず昇給し、カーニバルポイ捨て禁止の布告を出す。また、大急ぎで大聖堂を建設開始。

年末、結果予測は109対123で相変わらず劣勢。

      変電所   6 126 4 134 8 123 8 98 6 70 6 78
1997年 7月、127対114で選挙勝利。ほっとする。なお、大聖堂は間に合わなかった。

10月、$20給料制限

収益効率が落ち、資本主義者の友好度減少         6 125 4 135 8 132 6 97 6 72 6 80
1998年 7月、$15の給料制限 大聖堂で宗教的派閥の友好度上昇   病院

大聖堂

    6 124 5 141 9 138 6 91 5 73 6 77
1999年 9月、給料制限解除 収益効率が上がり、資本主義者の友好度上昇 農場

製材所

      6 126 6 145 9 143 8 94 6 75 7 77
1999年 かくして50年の統治は終幕を迎えた。なお、得点は673点であった。