読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

第4話を振り返る 官兵衛くん、祝言の夜にそりゃないよ

Kanbe401

河の堤を作っているシーン。相変わらず丁寧でいいです。

Kanbe402

立とうとしてずっこける足利義昭。キャラが立っていていいです。

Kanbe404

鷹狩りの様子。これも撮影大変だったと思うのですが、良いですね。リアルです。

Kanbe405

墨俣城。いいですねー。

Kanbe406

稲葉山城降伏。迎え入れる兵たちが頭を垂れているのが、リアルでいいです。

Kanbe407

評定の様子。外まで家臣があふれ出ています。うーん、リアル。

Kanbe408

出ました「天下布武」。尾張と美濃を取っただけでこれを掲げたのは、足利義昭を呼び寄せる意図もあったのでしょうね。

Kanbe409

Kanbe410

織田家家臣まで細かく配役していますね。いいですね。

Kanbe411

「わかりました。私が嫁ぎまする。」待ってました!

Kanbe412

Kanbe413

お輿入れの行列。リアルです。

Kanbe414

「信じられませぬ。祝言の夜に他の女子の話など。」まあ官兵衛の正直さをアピールしているのでしょうが、ちょっと可哀想ですよね。

Kanbe415

将軍足利義昭を迎え入れる織田信長。金がこぼれ落ちています。こういうちょっとしたシーンが好きですねえ。

Kanbe416

「しかしながら、御所は作りませぬ」はー、そういうものだったのですね。関東では古河公方とかありましたが、いる場所で作ってしまっていたのでしょう。うーん、勉強になる。

いやー、今回も(個人的に)見どころがたくさんあって大満足でした。話の流れもわかりやすいように思います。『軍師官兵衛』、だんだん良くなっているんじゃないでしょうか。

信長の野望・創造 [ダウンロード]


よろしければこちらもどうぞ!

140118-今年の大河『軍師官兵衛』をより楽しむための記事一覧: weed's "untitled" notebook