読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

新しいカメラを買いました:01 Standard Prime / Pentax Q-S1

持っていたカメラが重くて携帯するのがしんどかったので、小さくて軽いカメラを買いました。

SEL50F18 / NEX-5Rを使っていたのですが、重くて毎日携帯する気分にはなれないので、もっと軽いカメラを買うことにしました。

といってもNEX-5Rはミラーレス一眼カメラの中では最軽量の280g。ただ、SEL50F18レンズが重く、200gあり、合わせて480gでした。

新しいPentax Q-S1は200g。01 Standard Primeレンズは大変軽く、40gです。合わせて240gで、半分になりました。ズボンのポケットにも入るので、大変携帯性が上がりました。

肝心の写真ですが、以前は明暗がしっかりついて奥行きがあったのが、なんとなく平たくなった感じがします・・・まあまだ1日目ですが。でも思ったよりボケます。Pentax Qは映像素子が小さいので物理的にボケにくいそうで、そのために擬似的にボケさせる「ボケ・コントロール」というモードも用意されているのですが、できる絵はなんだか違和感があって私にはちょっと微妙な感じです。

今日新しいカメラで撮った写真はこんな感じです:

「ボケ・コントロール」モードだと、こんな感じです:

古いカメラで撮った写真はこんな感じでした:

うーん、前のカメラの方がボケ方が、とろけるような感じで非常に良いですね。ちなみに前のカメラのレンズ「SEL50F18」は「神レンズ」と言われています。通勤時は新しいカメラを持ち歩いて、土日は古いカメラにしようかな。