歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

アサシンクリード シンジゲートの背景 Sequence 03 Memory02 ホワイト・チャペル1 アバーラインと思しき人物

フレデリック・アバーライン

f:id:weed_7777:20060405133227j:plain

ロンドン警視庁の警部であり、1888年の切り裂きジャックによる連続殺人の捜査における警察の中心人物。

  1. 1863年にロンドン警視庁に入庁したアバーラインは、イズリントンの“N Division”に配属された。
  2. 巡査となったアバーラインはすぐに頭角を現し、2年後の1865年には巡査部長に昇進している。
  3. 1867年の1年間、彼は私服捜査官としてフェニアンの活動を捜査していた。
  4. 1873年に警部補に昇進したアバーラインはホワイトチャペルの“H Division”に配属された。
  5. 1878年には、“H Division”の犯罪捜査局担当警部補に指名されている。
  6. 1887年に転属となったアバーラインは
  7. 1888年に一等警部補に、
  8. 1890年に警部にそれぞれ昇進した。

1888年にメアリー・アン・ニコルズが殺害されると、アバーラインは同地での勤務経験を見込まれてホワイトチャペルでの捜査に加えられた。彼は切り裂きジャック事件を捜査している多くの刑事を統轄した。