歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

自分メモ:脳負担リスクの大小でアクションを分類してみる

番号が大きいほど泥沼化したりして脳に大きな負担をかける可能性が高いことを意味する。

  1. 無心

    1. ヨガをする
    2. 手作業する
    3. 映画を観る

  2. ぼけー

    1. ブログを書かないですむような本を読む
    2. 次の城についての情報を集める
    3. 城について調べながらストロングホールド(ゲーム)する→退屈する?
    4. Twitterする→せいぜい30分

  3. 歩く

    1. 使い慣れているアプリを紹介する→ブログを書く
    2. 買っておいた本を読む。連鎖的に試したいことを試す→連鎖しすぎ?
    3. HoI2(ゲーム)しながらTwitterする→先が読めない
    4. 新しいゲームに手を出す→先が読めない

  4. つながり

    1. メールの返事を書く→気を使う
    2. 旅行の情報を収集し、計画を立てる→気を使う

  5. 走る

    1. ゲームの城を仕上げていく→終わり時が見つけにくい
    2. TRPGの準備をする→終わり時が見つけにくい
    3. 新しい課題について取り組みながら記事を書く→終わり時が見つけにくい

自分の脳の疲れ具合に応じてアクションを制限した方が良いように感じた。