歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

『地下墓地の怪』

「地下墓地の怪」が、だいたいできあがったので、ほっと一息。それにしても、このMOD作成に関しては、takku氏に様々なアドバイスを頂いた。感謝、感謝である。

しかし・・・もともとは「下水道の怪」と同じく「初心者DM用MOD」として作ろうと思っていたのが、できあがってみると異様にクセの強いものになってしまった。おそらくBESIEシステム(ランダムエンカウンターシステム)を導入したことが、最大の原因であろう。これによって敵の現れ方が、だいぶ異質なものになってしまった。

だが見方を変えてみると、BESIEシステムによって、シナリオの中での戦闘の位置づけが非常に明確になった気もする。

従来の戦闘は、率直な話、パーティーは勝たねばならず死者を出すことも許されないものだった。そのためのDMの介入はほとんど前提となっており、このことはプレイヤーも暗黙に了解していることだ。結果として、戦闘はスリルを失い、単なる演出になってしまっていた気がする。

これに対しBESIEシステムは、DMの介入を前提としていない。もともと常設MODのためのシステムなので、DM非介入はある意味当然なのだが、これによって敵やボスの管理は自動化され、戦闘はスリルを取り戻す。

ただしかし、DM非介入は下手するとパーティーが全滅を繰り返しシナリオが破綻することにもつながりかねない。そういう意味では、DMもまたスリルを味わうということか・・・やれやれ。