歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

AMC2004

今日はAMC2004に行ってきました。サイコロを振ったのは実に10年ぶり。正直なところ、NWNのようなネットセッションも良いですが、やはりリアルセッションの面白さには一歩譲らざるを得ないのかもしれないと思いました。なんとも懐かしく、そして楽しい1日でした。

閉会式で明らかになったのですが、残念なことにAMCは今年をもって最後となったようです。このような会を運営するには様々な苦労があったことと思います。スタッフの方々本当にお疲れさまでした。

会場の様子。全部で15卓くらい立ってました。

041010_1128001.jpg

そうそう、Harperさんともお会いしました。残念ながらあまり長くお話しする時間はありませんでしたが・・・ちなみに、周囲の何人かに聞いてみたところ、NWNをやっている方はほとんどいないそうです。残念!

041010_1427001.jpg

中央には大きなテーブルの上に巨大な戦場が用意されていました。

041010_1847001.jpg

20人弱のプレイヤーたちが敵と戦っているようです・・・

041010_1720001.jpg

こちらは我々一行の様子。グリースで滑って、フルプレートの判定ペナルティのために起きあがれないパーティ一同。何ラウンドもジタバタしてました(嘆)

041010_1357001.jpg

オーガの待ち伏せ!しかもその後ろからキャスターが目つぶしの魔法を撃ってきて盲目に!ピンチ!

041010_1734001.jpg

最後、オークの軍勢を迎え撃つ一行。しかししょせんはオーク、切って切って切り捨てる。こういうフロアタイル戦は、時間はかかりますが、これはこれで面白いですね。NWNでは一瞬ですが・・・

041010_1808001.jpg

入るときにもらったHotUのクリアファイル。セガの差し入れらしいのですが、もうちょっとぼかして、一見してもわからないオシャレなのにしてくれると、ありがたいんですけどね・・・無理かなぁ。

041010_1850001.jpg

それにしても、10年ぶりのリアルセッションは、その良さを再確認できて良かったです。そういう意味では、リアルセッション派の人たちがNWNに流れ込んでくることは、ないのかもしれません。ネットセッションよりもリアルセッションの方が面白いと感じるからです。位置づけとしては「手軽なネットセッション、濃密なリアルセッション」という感じなのかもしれません。私にとっては、少し考えさせられる経験でした。