歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

[自転車]Garmin edge 500を1ヶ月使ってみてわかったこと

買って1年が経ったので、記事を更新しました:

[自転車]Garmin edge 500を1年間、使ってみてわかったこと

以下の記事は古いものです。


サイクルコンピュータedge 500を使い始めて1ヶ月。最初は使い方がわからず戸惑うことも多かったが、少しずつわかってきた。

  • 最初に測位しているときは動かない方が良い。歩いたりしていると、かなり時間がかかる。何回も測位をやりなおしているようだ。
  • [History]-[Total]のTimeが、いつの間にか、9999:99:99みたいにカウンタストップしていた。これは[History]-[Delete]-[All Totals]でリセットできる
  • 今のところ古いアクティビティを一つも消していないが、特に不都合なことはない。ただ、ガーミンコネクトにアップロードするのにかかる時間がじょじょに長くなっている気がする。
  • Garmin Training Centerを使うと、ワークアウトをカレンダーにドラッグアンドドロップすることで、その日の「日課」にすることができる。すると[Training]の下に[Scheduled]という項目があらわれ、その日の日課にしたワークアウトを選ぶことができるようになる。[Training]-[Workouts]でもワークアウトを行うことはできるが、たくさんあるワークアウトの中から選ばなければならない。なお、日課にしたワークアウトを完了させるとチェックマークが表示され、ちょっとだけうれしい。
  • [Alert]-[HR Alert]でMax HR AlertをZone 4にしておくと、本気で頑張っているときに心拍がZone 5に突入して音が鳴る。微妙にやる気が出る。
  • [Alert]-[Cadence Alert]で80-100という感じにしてやると、アラートで音が鳴ったときにシフトアップ/ダウンをすれば良いので、ちょっと面白い。ただし、長いこと走っていると逆にイライラするので、私は今は下限アラートを切っている。
  • [Courses]は、過去の自分の記録と競争できるという、とても魅力的な機能だが、どうもうまくはたらいていないようで、私はいつも勝ってしまう。コースから外れた(とedge 500がカン違いした)ときの処理がおかしいのだろうか?今後のファームアップに期待したいところ。
  • ちなみに発売当初のコース機能はedge 500がフリーズしまくって、ぜんぜん使いものにならないくらいひどいものだったらしい。
  • コース機能は、むしろナビゲーション機能として使う方が良さそう。慣れると「そろそろ右に曲がる」といったことがわかるようになる。ただし、微妙にタイムラグがあるため曲がるポイントを通り過ぎてしまうこともある。手順は以下のように一見めんどうだが、走行中に地図を見なくて済むメリットに比べれば、たいした手間ではない。
    1. ルートラボであらかじめ走るルートを作っておき、
    2. GPSies.com - GPSやトラック、トレイル、ツアーデスク、コンバータ 変換でTCX形式に変換し、
    3. そのファイルをGarmin Training Centerでインポートして
    4. edge 500に送り込む
  • 同じくルートラボから他の人が自転車で走ったルートを選んでedge 500に入れておくと、気が向いたときに地図を見ずに走りに行くことができるので、便利。それにしてもルートラボとedge 500の相性はとても良いようだ。
  • Garmin Training Centerでランニング用のワークアウトを作っても、edge 500に送ることができないことがある模様。サイクリング専用ということか。でも、edge 500を手に持ってランニングすると、リアルタイムに速度や心拍がわかったり、それらのログと走った軌跡をガーミンコネクトで見て振り返ることができたりと大変便利。
  • 速度域はサイクリング用のものしかedge 500に送られないので、ランニングに使うにはあらかじめ低速度域をランニング用に設定しておかなければならない。私はZone 2を時速10-11kmに設定してワークアウトを作り、ランニングしている。
  • ワークアウトとオートタイマーストップを併用することはできない。併用すると自動的に止まるのだが、再開されない(涙)
  • 始めたワークアウトをやめるには、コース機能のようにメニューから止めるよりも、ラップボタンを何回か押して完了させてしまう方が良さそう。メニューから止めても、ちゃんと止まっていなかったりするし、そもそも[Stop Workouts]という項目が表示されないこともある。
  • 「時速25km以上を維持せよ」というような簡単なワークアウトでも、それなりにやる気は出る。モチベーション維持にはコース機能よりも良いかもしれない。

だいたいこんなところか。何にせよ今はWiggleなどで3万円弱で買えるのでお買い得という気はする。