読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のマンガ・ゲーム

歴史マンガの背景解説(写真や図解)・感想+歴史ゲームなど

第6話を振り返る 相変わらず細部が光るつくり

Kanbe601

「側室は持たぬ」。なんだかこの官兵衛はとことん純粋ですね。気持ちいいところでもあります。

Kanbe602

これは・・・マット絵なのでしょうが、贅沢な使い方ですね。個人的にはこういうのは大好きですが、予算的に大丈夫なんでしょうか?

Kanbe603

Kanbe604

地図上に碁石を置いて戦略を考えていますね。リアルでいいです。

Kanbe605

義兄弟の契りのシーン。どうも黒田家家臣の名前が覚えられないのですが、NHK大河のホームページに載っていました。

Kanbe606_2

だいたいこれで全員そろったんですね。

Kanbe607

信長「なんだ権六!」柴田勝家のことです。テロップ入れてもいいと思うんですけどね・・・

Kanbe609

さっそく場所を調べてみました:

Kanbe612

京都の東の玄関のような場所ですね。

Kanbe613

荒木村重のいる摂津城。近世以前の雰囲気を醸し出しているのが、いい感じです。 Kanbe614

村重「わしには過ぎたる嫁じゃ」官兵衛「はい・・・あ、いえ」

Kanbe615

この城はどこかというと・・・

Kanbe616

ここですね。山陽道を下り、播磨(黒田家、小寺家)、岡山(浦上家)を抜けた先です。

Kanbe617

信長の水軍。こういうシーンをちゃんと入れてくれるのはうれしいですね。ひときわ大きいのは安宅船でしょうか。

Kanbe618

Wikipediaにはこう説明されています。

安宅船(あたけぶね)は、室町時代の後期から江戸時代初期にかけて日本で広く用いられた軍船の種別である。 巨体で重厚な武装を施しているため速度は出ないが、戦闘時には数十人の漕ぎ手によって推進されることから小回りがきき、またその巨体には数十人から百数十人の戦闘員が乗り組むことができた。 室町時代後期以降の日本の水軍の艦船には、安宅船のほか、小型で快速の関船と関船をさらに軽快にした小早があり、安宅船がその中核を成した。 近代艦種でいえば、安宅船が戦艦に相当し、関船が巡洋艦、小早は駆逐艦に喩えられる。

Kanbe619

最後に出てくる地図。他家はすべて毛利か織田に入れてしまっていますね。この地図ももう少しゆっくり出してくれるといいと思うのですが・・・

というわけで、今回もいろいろ勉強になりました。一度『軍師官兵衛』を見てしまうと他の戦国時代のドラマが見られなくなってしまうかもしれませんね。

信長の野望・創造 [ダウンロード]


よろしければこちらもどうぞ!

140118-今年の大河『軍師官兵衛』をより楽しむための記事一覧: weed's "untitled" notebook